メニューをスキップします

公益財団法人行田市産業・文化・スポーツいきいき財団

古代蓮の里

園内の様子

財団トップ > 古代蓮の里 > イベント情報 > 冬の古代蓮の里を彩るフラワーアート

冬の古代蓮の里を彩るフラワーアート

今年のテーマは「行田タワーに虹の架かる瞬間」

フラワーアートで作る神秘の花蓮

今年度も人々の癒しとなるよう、古代蓮の里にフラワーアートを作成しました!
今年のテーマは「行田タワーに虹の架かる瞬間」です。
縦20m×横40mの大きなキャンバスに、パンジー(10,000鉢)と葉ボタン(3,400鉢)、合計13,400株の花苗を使用しました。
色とりどりのお花が皆さまのお越しをお待ちしております!

会場

古代蓮の里 古代蓮会館南側芝生スペース

フラワーアート会場図

地上からもお花のきれいな様子は伺えますが、アート全体をご覧になるには​古代蓮会館展望室からのご鑑賞をおすすめしております。ぜひ古代蓮会館にご入館ください。
※古代蓮会館への入館は有料となります。

展示期間

2024年3月末ごろまで

 

イルミネーションとLEDアート

LEDアート

「古代蓮の里イルミネーション2023」の開催期間中、フラワーアートは、イルミネーションと、ロウソクの灯りのように揺らぎながら点灯するLEDアートで彩られます。
LEDアートは昼間は太陽エネルギーで蓄電し、暗くなると自動で点灯した後、15分ごとに4色のLEDが切り替わり、約4時間で消灯します。
時間によって変化する光の花蓮をぜひお楽しみください。

期間

2023年12月2日(土)~2024年2月29日(木)まで
※点灯期間延長しました。

古代蓮会館延長開館 令和6年2月末までの土日祝日は、古代蓮会館を19:30まで延長開館します。(受付は19時まで)

点灯時間

イルミネーション 16:30~21:00

LEDアート 日没~4時間程度

 

フラワーアート&LEDアートPDFファイル(4187KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

古代蓮の里

古代蓮の里

ページの先頭へ

公益財団法人 行田市産業・文化・スポーツいきいき財団