メニューをスキップします

公益財団法人行田市産業・文化・スポーツいきいき財団

行田市産業文化会館 ベルプラス

財団トップ > 産業文化会館 > お知らせ > 貸館再開に関してのお知らせ

貸館再開に関してのお知らせ

行田市産業文化会館は6月19日(金)よりホールの貸し出しを再開します。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策

彩の国「新しい生活様式」安心宣言に基づき、以下の対策を実施しています。

・利用人数を制限し、十分な座席間隔を確保しています。

 定員 500名(上限)

・定期的に不特定多数が触れやすい場所(手すり・ドアノブ等)の消毒を行います。(アルコール消毒)

・ホール使用後に、座席の消毒を行います。(アルコール消毒)

・空調設備の外気取込量を普段より多くし、機械換気を常時行います。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策のお願い(利用者のみなさまへ)

以下に当てはまる方の来館はご遠慮ください。

発熱がある等、体調不良の方、体調に不安のある方
37.5℃(または平熱比1℃)以上の発熱、
息苦しさ、強いだるさ、咳、咽頭痛、軽度でも風邪の症状がある等
以下の方との濃厚接触がある方
新型コロナウイルス感染症陽性とされた方
過去2週間以内に入国制限等の対象地域への渡航歴等がある方

・代表者(申請者)の方にチェックシート(新型コロナウイルス感染拡大防止のためのチェックシートPDFファイル)の記入を依頼

 しています。

・代表者(申請者)の方は、参加者の住所、連絡先、行動記録を把握していただき、こちらから依頼があった場合に、

 速やかに名簿の提出ができるようにご準備ください。

・ホール入口の消毒液については、代表者(申請者)の方が用意してください。

​・1時間に1回、ホールの扉を開放し、換気を行ってください。

・必要に応じて、来館者用のマスク等を用意してください。

・会場入り口で非接触型検温器による検温を実施してください。

・マスクを着用し、定期的に手洗いや手指消毒をしてください。

・行列や混雑が予想される場所(入退場時等)では、最小1m(2mが望ましい)の間隔をあけた整列をしてください。

*施設利用中に感染の疑いのある者が発生した場合は、速やかに係員にお知らせください。

公演主催者が講じるべき具体的な対策(ガイドライン)PDFファイル

                      

会議室の貸し出しについては6月1日(月)から再開しております。

会議室の貸し出しに伴い、下記のとおり対策を取らせていただきます。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策

・常時、窓を開放し、換気を行う。

・利用人数を制限し、十分な座席間隔を確保する。(定員の1/2)
  定員 第1会議室 12名→6名、第2会議室 66名→33名、第3会議室 20名→10名
     創作室 36名→18名

 

会議室

  定員

第1会議室

12名 → 6名

第2会議室

66名 → 33名

第3会議室

20名 → 10名

創作室

36名 → 18名

 

 

 

 

 

 

 

 

・事前に利用人数を聴取し、広めの部屋を案内し、利用していただく。

・マイク等(付属設備)を使用後は、アルコールで消毒する。マイクの使用者が変わる場合も同じく消毒を行う。

・行列や混雑が想定される場所(入退場時等)では、最小1m(2mが望ましい)の間隔を空けた整列を徹底する。(貼紙・声かけ)

・手指消毒用の消毒液(アルコール)を設置。

・定期的に不特定多数が触れやすい場所(手すり、ドアノブ、座席等)の消毒を行う。(アルコールまたは次亜塩素酸ナトリウム溶液等)

・来場(館)者にマスク着用及び定期的な手洗いや手指消毒を奨励する。(貼紙、声かけ)

・代表者(申請者)に、チェックシート(新型コロナウイルス感染症拡大防止のためのチェックシートPDFファイル(106KB) 参照)の記入を依頼する。

・申請者(代表者)には、参加者(出席者)の住所、連絡先、行動記録を把握していただく。

・飲食は当面の間、自粛する。

・茶器の貸し出しは中止する。

・利用後に清掃・消毒の時間を設けるため、希望の時間での予約ができない場合があります。

※施設利用中に感染の疑いのある者が発生した場合は、別室へ隔離し、速やかに保健所に連絡し、指示を受ける。対応する職員は、マスクや手袋等適切な防護対策を講じた上で対応する。

産業文化会館

行田市産業文化会館

ページの先頭へ

公益財団法人 行田市産業・文化・スポーツいきいき財団